メニュー

学生の方は、就活する際にいわゆる「リクルートスーツ」

 

モテ服 就活 

 

「リクルートスーツ」で、就職活動をするのが、日本人の共通認識になっていますが、1度でも社会人経験をしてきた「転職希望者」の場合も、目指す着こなしの基本スタイルは変わりません。

 

特定の着こなしを明確に求めている企業は別ですが、社風や、業務の服装への「考え方」がはっきりと認識していない相手に受け入れてもらうためには「誠実」で「清潔感」のある、ネイビーカラーのスーツが「正解のスーツ」になります。

 

ここでは、「個性を」だそうとせずに「良識のあるスタイル」で相手方に受け入れてもらえるように心がけることが「最良」の判断と言えるでしょう。

 

 

 

 

あなた自身が「中身のある」人物だとしっかり思わせる

 

※就活でやりがちな失敗談

 

・自分は新卒ではないのだから、大人らしさを出して行かないとな、、

 

・主張を持っている人物像を演じるためには服装からこだわらないと、、

 

・自分らしいを強調するためにいつも通りの格好でいいよな、、

 

・面倒だから、今の会社と同じジャケパンでいいだろう、、

 

 

 

 

あなたが就職活動でやるべきこと

 

・中身で勝負する

 

外見(服装)は評価をさげないように最低限のマナー(ルール)を守っていれば良い。

 

 

 

 

 

ルール@個性を強調しようとはせず基本的なアイテムで構築することが「正解」

 

 

ネイビースーツの着こなしを最大限に生かすことに意識する

 

 

多くの転職者の方がやりがちなことは、今まで自分が築き上げてきた経験値を少しでもアピールしようと
服装にまで「色気」を出したくなることが多いです。

 

ですが、この場合は基本スタイルの「ネイビーカラーのスーツ」と「白シャツ」が最適な選択です。
多くの学生の方が既製品のリクルートスーツで来るのですから、あなたの経験値はココで
経験や違いを出すことに意識しましょう。

 

具体的に「違い」を出すには、スーツもシャツも肩回り、袖丈、着丈、のフィッティング(サイズ)にこだわることがいちばんです。

 

既製品ではなく、オーダーメイドするのが手軽に「違い」が出せるのでおすすめです。

 

面接の際に、「スーツが良くお似合いですね」と言わせることが出来ればこっちのモノです。
そうなれば、もうあなたの「中身」にまで興味を持ってもらえるのは必然です。